スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶余の昔の写真が面白い

引き続き「近代歴史博物館」に展示された写真を眺めていきます。

扶余近代歴史博物館

これは今いる建物が面している聖王路の1960年の姿。
当時から道幅が広かったのですね。

扶余近代歴史博物館

白馬江(錦江)でしょうか、バスが大きな筏で渡っている光景です。後ろは「自温台」かな?
むか~~し、百済の王様がこの河で釣りをされたとき、王様のお尻が冷えてはいけないと岩が自ら温かくなったという伝説がある場所です。

扶余近代歴史博物館

これも白馬江です。
扶余観光のハイライトである遊覧船ですが、1958年にはこんなのんびりした光景が見られたんですね。
現在は軍船を模した大きな船が行きかう白馬江ですが、こんな小舟で観光できた時代がちょっとうらやましくなる写真です。

扶余近代歴史博物館

定林寺址の石仏が野外にいらっしゃった頃の写真です。五重石塔も写っていますね。
史蹟に関する展示の中の一枚で、説明文のいたるところに日帝とか強占期といった文言が見られます。

扶余近代歴史博物館

扶余は観光地として昔から人気があったようで、こうしたリーフレットがいくつか展示されています。
「扶余古蹟名勝案内」は日本統治時代に作られたものですが、おもな見どころを見やすく紹介していますね。

写真はとにかくたくさんあるので、興味のある方は時間をたっぷりとって見に行ってください。

扶余近代歴史博物館

最後に建物の裏側に回ってみました。
ちょうど誰かの視察があるとかで足場が組まれており、じっくり眺めることができました。
建物はコンクリートでしっかり補強され、看板の裏側もトタンが張られていますね。

それにしても、日本家屋の復元というとなぜか必ずコゲ茶色の木材が多用されるのはなんでだろうなぁ?

スポンサーサイト

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

扶余の日本家屋が博物館に!

忠清南道の扶余郡。
百済時代には王都として栄え、いまも当時の面影を伝える魅力的な町。
詳しくはこちらのサイト「百済の面影・扶余の旅」でごらんください。

扶余近代歴史博物館

昨年は修復中の日本家屋を数軒みつけ、気になっていたのですが、そのあたりのことは「ありりんさん」のブログに詳しいです。
その後、気になっていた建物の修復が終わり、「近代歴史博物館」として再スタートをきったという話を聞いて行ってみました。

扶余近代歴史博物館

ちょっと「これじゃない感」も漂いますが、こうして大事に再利用してくださっていることに感謝。
さっそく中に入ってみます。

扶余近代歴史博物館

内部はこんな感じ。

扶余近代歴史博物館

アンティークらしき螺鈿細工の家具と電話機が置かれ、日本とは関係のない展示ですね。
他の建物も西洋のアンティーク時計がたくさん並べられていたりで、日本統治時代に関する展示はほとんどなく、ちょっと肩透かしをくった気分...。

面白かったのは古いモノクロ写真の数々でした。

扶余近代歴史博物館

1950年とありますから解放後の姿でしょう。
「心和有線放送文化」とあり、看板の「心和堂」はそのままに転用したことがうかがえます。

もともとは時計店だったらしいこの建物は、今はアンティーク時計の博物館になっています。

(つづく)

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

リーメントの食玩「スーパーをのぞいてみよう」

ちっちゃな部品がいろいろ!
韓国系のスーパーマーケットに行ったら必ず売っている定番商品ばかりで楽しい。

シッケの微妙な色あいはもちろんここと、商品の包装やラベルの再現率の高さに感動する。

リーメントの食玩「スーパー」

コチュジャン、瓶入りのシッケ(甘酒)、餅、ツナ缶、唐辛子、カップ麺のほかに、「リメ・スーパー」と印刷されたレジ袋やポリ袋もちゃんとセットされている。
「リメ」はやはりこの食玩のメーカーである「リーメント」から付けたのだろう。袋をしわくちゃにするのは忍びないので品物を詰め込むのはやめにしておく。

よくよく見ると「辛ラーメン」の「辛」が「幸」になっているのがご愛嬌♪

theme : 作ってみた
genre : グルメ

秋の「郷土料理まんぷくツアー」3日目(全州マッコリタウン)

夜もいい感じに更けて、旅の最後の晩は「マッコリタウン」に繰り出しました。
こちらは全州で一番人気の店といわれる「タルピッソリ」です。伝統楽器演奏やパンソリなどの「国楽」を楽しみながらマッコリをいただくというのがウリらしいのです。
私自身は今回が初めてでしたが評判が良いので皆さんをご案内しました。

「タルピッソリ」についての詳しい情報は、こちらでご覧ください。

到着したとき、ホールの舞台では太鼓の演奏が行われている真っ最中で、ものすごい爆音が鳴り響いておりました。
勇壮で素晴らしいのですが、これでは会話もままならないということで個室に案内してもらうことにしました。

マッコリタウン

さすがに全州のマッコリタウン。次々に酒肴がはこばれてきます。

マッコリタウン

盛り付けがきれいです。
マッコリ屋は数あれど、料理のレベルは群を抜いているといえるでしょう。

ただ、せっかくの国楽演奏が見られないのは、やっぱりちょっとさみしいなぁと思っていたところにうれしいサービスがありました。舞台を終えたアジェン奏者とパンソリ歌手が私たちの部屋に来てくださったのです。
(アジェンとは哀愁を帯びた音色の琴で、弦で奏でるのが特徴です)

マッコリタウン

お部屋で演奏を楽しめるというのはなかなか得がたい経験でした。

よい気分で宿に帰還すると、同じ宿客である若者グループが中庭で酒盛りの真っ最中。
彼らにに誘われて乱痴気騒ぎに加担してしまったわけですが、なかなか楽しい一夜となりました。(静かに休もうとされていた皆様およびご近所の皆様。ごめんなさい!)

さぁて、明日はいよいよ帰国ですが、最後の最後まで「まんぷくツアー」の本分を全うするつもりなのであります。

(つづく)

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

秋の「郷土料理まんぷくツアー」3日目(全州韓屋村の散策)

神秘のパワースポット「馬耳山」から再び全州に戻った一行は「伝統韓方文化センター」へ。
ここでパソコンによる体質診断をしました。体質は大きくは4つに分けられ、少陽人、少陰人、太陽人、太陰人のいずれかに該当するそうです。

全州韓屋村

つづいて韓方足湯をしました。
韓服を着たスタッフのおねーちゃんが、手際よく韓方エキスを足湯マシンに投入してスイッチをオン!
ぬるま湯が徐々に温かくなり20分経ったところで終了です。

全州韓屋村

そして併設の伝統茶カフェ「茶園(ダウォン)」でティータイム。疲労回復に効果があるという「十全大補湯」を注文しました。

ナツメや栗などが濃厚な韓方エキスの中にいっぱい入った「食べるスープ」ならぬ食べるお茶なのです。
しかもここは又石大学付属韓方病院の直営なので出される伝統茶も本格的…なわけですが、いつもに比べると甘味が強いかな。

ひと口ふくんで「うぉ~~~~!」って、いかにも効き目のありそうな苦味が特徴だったわけですが、どうも一般人向けにアレンジされてしまったような気がします。おかげで皆さんニコニコと完食。

「伝統韓方文化センター」についての詳しい情報はありりんさんのブログでどうぞ。

ちなみにこの日の宿は「韓紙蜜眠(ハンジクルミン)」というオープンしたての韓式民泊です。

全州韓屋村

荷物を宿に置き、疲れを癒したあとは韓屋村の散策にでかけました。

全州韓屋村

個人的には観光客が引けた夜の韓屋村が好きな私。ライトアップされた殿洞聖堂や豊南門を撮り歩きました。

全州韓屋村

さて全羅北道の旅、最後の晩はいよいよ全州名物の「マッコリタウン」に向かいます。

(つづく)

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。