スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消え行く路地裏「ピマッコル」

ピマッコル


ソウルの町並みが再開発で急激に変貌しつつある。
腸詰めや焼き魚の匂いが漂うピマッコルもキレイなアーケード街に生まれ変わり、コーヒーショップやしゃれたレストランが出現した。
この絵のような光景はもうわずかしか残っていない。

ソウルの喧騒が苦手で田舎めぐりばかりしていたが、もっとこういう古い町並みを写真に残しておけば良かったとちょっぴり後悔。
スポンサーサイト

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

tag : イラスト 韓国 一人旅 旅行記 ソウル

ソウルの達人、ヨンミンです。

呉さん


【自己紹介】

私の名前は呉煐玟(オ・ヨンミン)です。
OH(オー)さんと呼んでくださいね。

留学で東京に2年間暮らしました。

韓国に戻ってからはソウルの旅行会社で航空チケット発券のお仕事をしていましたが、日本人駐在員や留学生の皆さんと仲良くなり、一緒に食事や旅行をする間柄に。
やがて頼まれて翻訳、通訳、観光ガイドの仕事をするようになりました。

ガイドブックに頼った観光には「飽きた!」という方のためにユニークでステキな旅を企画しています。クチコミで訪れる日本からの旅行者、とくに女性の方に喜んでいただいています。私自身も皆様との出会いを楽しみながらガイドしています。

血液型:B型
趣味:料理, ショッピング, 旅行

続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

北朝鮮を間近に「烏頭山統一展望台」

烏頭山統一展望台

ヨンミンさんが車で連れて行ってくれたのは「烏頭山統一展望台」。
烏頭山と書いてオドゥサン。

ここの展望台からわずか460m先の対岸に北朝鮮が見える。
ひっそりと静まり返った村に人の住む気配はなかった。

統一展望台の建物の中は北朝鮮を理解するための展示や映画、名産品の展示即売などもされていて、まるで広報施設のような雰囲気だ。

近年の韓国は親北ブームといわれているが、両者はこれからどんな関係を築いていくのだろう。

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

tag : 韓国 一人旅 旅行記 イラスト

冬の美味!カニの街【ソウル・新沙】

カニの街へ行こう【ソウル・新沙】


秋から冬にかけて韓国に行くことの多い私にとって
楽しみのひとつがこの「コッケジャン」。

薬味野菜や漢方材を加えた醤油液に
蟹を漬け込む作業を3回以上も繰り返す手間のかかる料理だ。

脚や爪のあたりは歯で噛みしだき、手で身をしごき出して食べる。
ねっとりと甘い蟹肉に複雑な味のタレがしみこんで
一緒に出される熱々のご飯との相性は抜群。

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

tag : 韓国 一人旅 旅行記 イラスト 全州 グルメ

伝統芸能にどっぷり【全州】

寒碧劇場【全北・全州市】


全州市が運営する伝統文化センター内にある「寒碧劇場」。
質の高い伝統芸能を500円という手頃な入場料で鑑賞できる。
外国人の鑑賞を前提に運営されているせいか、スタッフの対応も配慮が行き届いていて気持ちがいい。

この晩のパンソリはイ・ヨンソンさんという若手のソリクン(唄い手)だった。
三脚を立てていると舞台上からよく通る声で「どこから来たの?」と問われ、叱られるかなと思って焦る。「上手にお撮りなさい」と言ってくださってホッ。

迫力ある歌声に聞き惚れ、1時間半がアッという間に過ぎた。

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

tag : 韓国 一人旅 旅行記 イラスト 全州

神秘の山を行く【馬耳山】

神秘の山【馬耳山」】


一度見たら忘れられないユニークな形の岩山。

登ると人生観が変わると伝えられている。

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

百済の面影【扶余】

百済の面影【扶余】


飛鳥を思わせる、のどかで静かな町。
日本との縁が深い百済王朝はこの地で終焉を迎えた。

町の人々はさりげなく親切でやさしい。
歴史散歩におすすめ。

theme : 沖縄旅行
genre : 旅行

tag : 韓国 一人旅 旅行記 イラスト

西の海の果て【紅島」】

絶海の孤島・紅島


なぁ〜んにもない。
車は一台も走っていなし。最近までは水道もなかったという。

民泊の婆ちゃんは庭先でノリを干したり、港で昆布を売っている。
岩海苔を採る夫婦、海女のオバチャン…
懸命に生きる人々の姿がある。

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

tag : 韓国 一人旅 旅行記 イラスト

ヘルシー!サムパップ【慶州】

包み飯


色とりどりの葉っぱやおかずがテーブル狭しと並んで…
目にも楽しい慶州の伝統食「サムパップ(쌈밥)」。
大豆やカボチャの葉が食べられるのだと、このときに初めて知った。

慶州に限らず韓国人はこんなふうにおかずとご飯を何かに包んで食べるのが大好きだ

theme : 沖縄旅行
genre : 旅行

tag : イラスト

自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。