スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不景気で「占い」繁盛

この写真、何をしているところか分かりますか?
これは街頭に設けられた「占い」のテントです。

占いテント

テントの中には何人かの人が座って、各々が対面する占い師(易者)に運勢をみてもらっています。
値段はたったの3000ウォン!
でもこれはひとつの運をみる値段ですから、あれこれ増えるごとに3000ウォンずつ加算されていくシステムです。

占い師は仏教系の「菩薩(ポサル)」と呼ばれる女性、「ムダン(祈祷師)」などいろいろな系列があり、時には鬼神が逃げていくよう激しく踊りながら占うこともあります。

ひとくちに占いといっても種類はいろいろで、こまかく分類されています。
どんなものがあるのか見てみましょう。

続きを読む

スポンサーサイト

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

激辛!へムルトッチム

大学路で食べました。

海鮮チム

ヘムルトッチム(해물떡찜)という鍋料理です。
イカ、貝類(홍합)、小さなタコ(쭈꾸미)、カニ、さつま揚げ、ゆで玉子、韓国もち(떢복이용떡)、きのこ、インスタントラーメン、あとは野菜(ニンニク、ネギ、たまねぎ)などが入ります。

具沢山で美味しそうでしょう?
日本の韓国料理屋さんではあまり見ないメニューですね。

夫も私も辛い味が好きなのでこの激辛「ヘムルトッチム」が大好きです^^
でも苦手な人は辛さを控えめにしてもらうよう頼むこともできるんですよ。

お値段などは二人前(小W17,000)に追加のラーメン1個(사리)1,000wで、合計W18,000。
安くてボリューム満点!の人気料理です。

ソウルにいらっしゃいましたらぜひ召し上がってみてください。

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

炭焼き豚カルビの至福

北岳山のふもとには登山帰りの人々が立ち寄る飲食店がたくさんある。
そんな中で呉さんが選んだ炭火焼き豚カルビ専門店は「世界飲食コンテスト大会」で金賞受賞というだけに期待が高まった。

そういえば、このお店、このブログで書いたことがあるね。
http://seoul2.blog97.fc2.com/blog-entry-28.html
大阪から来られたお客さんに大好評っだとか。

広い店内に並べられた止まり木のような椅子と木のテーブルはそっけないが、どれも満席で家族連れの姿も多い。

まずは豚カルビを3人前。
音を立てて燃えさかる炭は、コークスでなく本物の木の炭だ。ここに網を敷いて肉を焼いてゆく。

豚焼肉

肉はご覧のような大ぶりで、甘めのタレを満遍なく染み込ませるためか全体に包丁目が入れられている。

香ばしく焼き上がった豚肉はやわらかい!
気前よく追加されるサンチュやエゴマの葉に巻いていくらでも食べられてしまいそう

韓国グルメというとすぐに牛の骨付きカルビとか騒ぐけど、とりあえずソレは大間違いね。
焼肉といえば韓国では豚肉のことなのだ。
しかもこれがすこぶる旨い。ホント、悪いことは言わないから韓国に来たらぜひ豚焼肉を食べてほしい。

まるでキャンプ場か学食みたいな店だけど、ここはひたすら肉に喰らいつくべし。
熱々に焼けた肉を頬張る、噛みしめる。あふれる肉汁を堪能しながら焼酎で流し込む…この繰り返し。
至福のひと時だ。


続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

もやしナムルの作り方

韓国のお惣菜の定番「もやしナムル」です。

(1)まずはもやしを洗い、さっと湯がいておきます。

モヤシをゆでる

続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

大学路でデイト

久しぶりに大学路に行ってきました。
面白い時間でした。^^

ここはカフェやバー、レストランが多く、いつも若者でにぎわう学生街。
あちこちに小劇場があり芝居や音楽ライブが毎日のように行われている“文化の街としても有名です。

ギターを背負って

何処かで演奏会でもあったのでしょう。
ギターを担いで歩く若者の姿を見ました。


続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

八角亭でコーヒーを

やがて着いた「北岳八角亭」。
コーヒーショップやレストランが入ったドライブインのような建物だ。

展望台に上がると眼下にソウルの街並みが一望でき、ソウルタワーと63ビルがひときわ高く目に飛び込んできた。
ソウルには何度も行っているが、こちら側から見るのは初めてだ。

私たちは暮れてゆく外の景色を眺めながらコーヒーを飲んだ。本当はケーキも食べてみたかったが夕食に「炭焼き豚カルビ」を控えているので我慢っ我慢っ!

見回すと周囲の客のほとんどがカップルだった。
「じつはここ、不倫カップルにも人気があるんですよぉ」と、呉さん。

ほほぅ…

お客様と撮影

店内はまださほど暗くは感じないが、呉さんは店員を呼んでテーブルのキャンドルに火を点してもらった。
「同じだけお金を払うんならこの方がいいでしょ?」

呉さんのこういう主婦感覚なところが大好きだ。

すっかり日も落ち、「ソウルの夜景を拝んでから出かけようじゃないか」ということになって外に出たらあまりの寒さに驚いた。足元の水溜りも凍りついている。

続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

液体物持込み制限

皆さんはいろんなところから情報を聞いて、もうご存知だと思いますが…
アメリカ9.11テロの後、ジェルや液状のものは機内に持ち込むことができなくなりました。

チェックイン時、預け荷物にすることになりますが、その場合のヒントです。

キムチなどの漬物も現在は規制されています。
ラップにぐるぐる巻き、漏れないようジップロックなどに入れてからトランクへ。

ペット容器の飲料だけでなく、意外に思われるかもしれませんが、味噌、薬(シロップタイプ)、ペースト状の歯磨き粉、香水、マニキュア、ヘアージェル、クリーム、ローションなども対象になります。

100ミリリットル以下の容器ならこんな感じで袋に入れれば持ち込めることになっていますが、航空会社や空港によって対応は違いますので事前に調べましょう。
いざとなって廃棄させられるよりは初めから預け荷物にしてしまうのが安心です。

日本航空のサイト
http://www.jal.co.jp/other/info2006_1219.html

機内持ち込み制限

出入国検査を済ませ港内の免税店で買った場合、包裝のままで破らななければ持ち込みOKですが、包裝を取ったり破れたりしたらアウトです。領収書も失くさないように保管しておきましょう。

また洋酒やタバコは10箱入りを、ひとり1ボックスまでに制限されていますのでご注意を。


theme : 韓国旅行
genre : 旅行

厳戒態勢のデートコース

大統領府青瓦台の背後にそびえる北岳山…プガクサンと読む。
この岩山の頂上にある休憩所「八角亭」を目指し、くねくねと登る道を「北岳スカイウェイ」といって、恋人たちの間で有名なドライブコースだ。

沿道にチラチラ見える豪邸は財閥の社長クラスのもので、このあたりには昔からのお金持ちが住んでいるそうな。

私しゃてっきり江南の高層ビルに住む人たちこそが金持ちだと思っていた。
ワケーのが高級車に乗ってナンパする「オレンジ族(死語!)」とかさ、すっごい有名だったじゃん。

「あの人たちは88年以降の開発ブームで儲けた土地成金よ」と呉さん。

そんな話をしながら上って行く途中には銃を手にした警備の軍人さんが立ち、迷彩色の軍事施設らしきものが点在している。
なにしろ北朝鮮との国境 板門店から4~50キロしかないからね。

この物々しい警戒は金持ちにとっても最高のセキュリティじゃないかしらん。

ソウル城壁



続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

カニ!カニ!カニ!

いよいよお待ちかね!メインの「アムケジャン」がうやうやしく運ばれてきた。
身にたっぷりついたカニ味噌や玉子に目がうばわれる。

ケジャンとは蟹を醤油ダレに漬けて熟成させたワタリガニのことで「アム」というのはメスのことだ。

アムケジャン


続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

マシッソーな初体験

で、料理だが…

始めにナムルやジャコ炒めなどの小鉢が出てきた。ナムルといっても家庭料理の店で出されるものとはちがう。
細いモヤシに人参、青菜、海苔などが色美しくからむ手の込んだ一品だ。

次に、白いムクの和え物「タンピョンチェ」が大皿に盛られて現れた。
ムクは日本にはない食材なので説明がむずかしいが葛きりに食感が近いかもしれない。淡白な塩味でサラダのようにいくらでも食べられてしまいそう。

ムク



続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

プッカン料理を食べに行く

待望のお昼ご飯。
呉さんが連れて行ってくれたのはプッカンの料理を出すお店だった。

プッカンとは「北韓」の韓国語読みね。北朝鮮のことをこちらではそう呼ぶのだ。
そしてここはプッカンの中でも黄海道(ファンヘド)という地域の伝統的な「韓定食」を出すお店なのだった。

ほらほら、「定食」と聞いてリーマンや学生が愛してやまないハンバーグ定食や生姜焼き定食を思い浮かべたそこのアナタ。
韓国で言うところの定食はあーいうチマチマした箱庭みたいなやつとは一線を画すのだよ。

まぁ一般的な韓定食とはどんなものか、興味のある人はWikiに写真が載っているので見ていただくとして…

部屋


続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

物欲のトリコ

洋品店
※写真は本文と関係ありません。


革製品ときたらお次はやはり“バッグ”だろう。バックパックだけじゃないよぉ、私に似合うのは。

デザインのよい革製のバッグを調達したいと前々から思っていたのだ。決して円高ウォン安な今こそチャンス!とか浮かれまくっているわけじゃないんだからねっ。

南大門市場の人ごみの中を素早く移動しながら物色していて気がついた。
デザインがどうとか言う前に南大門市場で買える“革製バッグ”って基本的にブランド物のコピーなわけ。

おハイソな買い物に縁のない私は気がつかなかったのだが「ア、コレいいじゃん」とか手にとって見ると、店のオヤジがすかさず「それ○○よ」とかブランド名をささやいてくるのだ。えーいっ、うるさい。

日本人はどいつもこいつもブランド名を告げれば財布をガバガバおっぴろげると思っているわけだ。

続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

Dの悲劇

南大門市場

お餅の包みとコスメを詰め込んだ袋をぶら下げて駐車場に戻ると、なんとキーを預けている管理人のオヤジがいない!

電話をすると近所の飯屋で昼ご飯を食べているらしい。「すぐに向かう」と言いつつ一向に姿を現さないところを見ると食後の昼寝でもしてるんじゃないかと思いたくなる。
この日はマイミクのYさんと待ち合わせをしているので気が気ではない。日本では考えられないマイペースなオヤジだ。


その後、オヤジから鍵を受け取り駐車場から脱出した私たちはYさんと落ち合い南大門市場に向かった。
私の目的は革製品。
“ブラピ”が着ていたようなクシャッとした風合いのレザージャケットが欲しかったのだ。

いや別にニールバレットがイイとか身の程知らずな高望みじゃなくて(なにしろアレは50万円以上もするわけで)ヨレ感のある似たような雰囲気があれば良かったのだ。

うふふ、コスメの次は革製品って、まるで典型的な日本人観光客みたいじゃないの。

この十数年間、バックパックにジーンズという小汚いスタイルで田舎回りばかりしていた私。
物欲のかけらもない高潔なお人柄と思われがちが、その気になればこーゆう“ぷちリッチ”なお買い物三昧も楽しめるのさ。知らなかっただろう、へへん!




続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

豪華!餅セットを衝動買い

韓国餅

ファンさんの店を出たところでトック(韓国餅)を売るお店が目に入った。
干したナツメやカボチャをのせたもの、小豆をはさんだり栗や松の実を散らして蒸したものなど、色とりどりのトックが並べられている。

気の好いオバチャンがその場でヨモギ餅を切り分け、小豆の粉をまぶして試食もさせてくれる。

この試食も、その場にあるのをどんどん包丁でふたつぐらいに切って「ホラよっ」ってな感じで渡してくれるので、うっかりしていると満腹になってしまいそうだ。

続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

コスメショップで大人買い

さて、二日目。

ホテルの朝食バイキングでベーグルにクリームチーズとジャムをたっぷりのせ、ヨーグルトとスープで軽く食べた。

食堂ではやたらにインド人の姿が目に付く。
インド人ってけっこう陽気なのね。ぶつかっても微笑んで「ソォリィ~~」だし、ビジネスマンらしき真っ黒な顔のオッサンがエレベーターの降り際に「グッディ!」なんて挨拶してくれたりする。

今日は呉さんがソウルの街をエスコートしてくれることになっているので朝食は控えめにしておくことにする。
旅のご飯は一食一食が勝負だ。三泊四日の今回の旅行では計9回のご飯タイムがあるわけで、一回といえどもおろそかにするわけにはいかないのだ。


ホテルに来てくださった呉さんとまずは黄(ファン)さんのコスメショップへ。
前に記事で紹介したココね。
http://seoul2.blog97.fc2.com/blog-entry-33.html#more

「CELLABEL」のBBクリームとフェイシャルマスクを大人買いした。

BBクリームは安いものだと1000円しないものもあるが、これは1本2750円とお高い部類に入る。
だが人生初の「ファンデ毛穴落ち」「シワよれ」に愕然となり化粧をする勇気がなくなりかけていた私にとって「CELLABEL」はまさしく救世主となった。一日中メイクしていても肌が疲れないほど軽いんだもの。
母からリクエストされた分もふくめて5本、さらにサンプルをおねだりして満足満足♪

そろそろシミ・シワ・タルミの3点セットが気になってきた私。勢いにまかせてフェイシャルマスク80枚も追加。
後で知ったんだけどこのマスク、ファンさんのご主人が開発・販売しているんだって。
ダンナが作って妻が売るって最強タッグだな。
(つづく)

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

3月だというのに…



3月6日、ダンキンドーナツで撮った映像。
耳が痛くなるほどの寒さで地元の人はダウンジャケットで歩いていた。

日差しのある日中は比較的過ごしやすいものの、夜間や風がある時はかなり辛い。

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

ホテルの動画です!



ソウルで泊まったホテルの動画。
これで10700円!
ひとりだと割高だが、キングサイズベッドにふたりで寝たら安モーテル並みのお値段で泊まれちゃう。

※動画をダブルクリックし、Youtubeのオリジナルサイズで見るともう少し大きくなります。


theme : 韓国旅行
genre : 旅行

へムルタンをくれ!

フレイザーホテル01

空港から一歩出て寒さに震え上がった。
寒暖の差が激しい季節とは聞いていたが、まさか3月でこんなに寒いとは!

今回は「留学中の息子に会いたい」という知人ご夫妻の道案内としてソウルに行くことになった。もちろんアゴアシ付さっ☆

泊まったのは仁寺洞の「FraserSuites」。
韓国語だと「プレイジョスイトゥ」って感じかな。



続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

大型マーケット

マート01

地元の人がよく使う大型マートをご紹介します。


続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

お土産に人気の岩海苔

海苔01

その場で焼いたパリパリの岩海苔を直売しています。
本当にいつ食べても美味しいです。


続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

激辛!なアレを食べに

タコ01

ソウル支庁近くの武橋洞(ムギョドン)は昔からタコ料理で有名な町です。
最近は再開発によって建物がなくなってしまったりで昔ながらの街並みは少ししか残っていないのが寂しいですが…。

タコ02

さて、韓国料理の中でも激辛部門にはいる「ナクチポックム(タコ炒め)」登場です。
テーブルのコンロで焼きながらいただきます。
辛さを和らげるためにさわやかな酸味の水キムチもありますね。


続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

美味しいカクテキのレシピ

材料:ダイコン、塩、水、米粉
薬味の材料:ヤクルト、いりゴマ、ニンニク、細ねぎ、玉ネギ、ショウガ
セウジョッツ(アミ塩辛)、カナリエッチョ(イカナゴの魚醤油)、粉唐辛子(韓国産)

<レシピ>
(1)米粉に水を加えてトロ火にかけ、ゆるい糊状になるまで練って冷ましておく

カクテキ03

(2)大根を食べやすい大きさに切る

カクテキ02



続きを読む

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。