スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興奮熱狂歓喜の夜

自殺したノ・ムヒョン氏が大統領として当選した夜、私はたまたま全羅道にいた。
そのときの思い出を書く。

友人のアン君に案内されて街に出かけた私は、タクシーに乗るやいなや上機嫌の運転者から「おめでとう!」と声をかけられた。

「選挙速報でノ・ムヒョン候補が有利なようですよ」と友人のアン君が耳打ちをする。

ここは住人のほとんどがノ・ムヒョン候補者を支持するという驚くべき土地だけに、速報がどこまで「身びいき」にならず冷静に行われているかは疑問なのだが。

「実は僕、対立候補イ・ヘチャン支持なんですよ。でもそれを言ったらこの街では殴られます。」アン君がちょっと浮かぬ顔で打ち明けた。

選挙活動
選挙活動(ソウル・明洞)

彼の友人達と合流しクラブのようなお店に行った。

1000人収容可能というホールの巨大なスクリーンに選挙速報が流されている。
それを見ながら20代を中心とした客がポテトサラダを食べたりビールを飲んでいた。

やがてDJらしき男が現れ「君たちは僕のしゃべりよりも選挙に夢中みたいだねぇ!」というようなことをテンポ良く語り、いくつかの曲名を挙げたとたんに場内が喜びの雄叫びでどよめいた。

「新大統領誕生」の文字がスクリーンに踊り、ノ・ムヒョン氏の勝利を伝える画面が映し出されたのだ。
当時流行していた「チャンピオン」という曲が大音量で流れると場内の興奮は一気に最高潮に上り詰めた。

クラブ

客が一斉に自分が座っていた椅子に飛びのり、店内は総お立ち台になった。
私もむりやり立たされてタコ踊り(?)を披露する羽目になったが、今も忘れられない興奮熱狂歓喜の一夜だ。


その時の大統領が自殺というショッキングな最期を迎えた日、やはり私は韓国にいた。
ちょっとした偶然に過ぎないが、奇妙な縁を感じてしまうのはそのためかな。

ご冥福をお祈りします(合掌)

tag : 韓国 盧武鉉 一人旅

コメントの投稿

Secret

自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。