スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せっかちロープウェイで雪岳山

運ちゃんの憤怒の形相にビビりながら駆け寄ると、なんと彼の手には私の帽子が…!

座席に置いたのを忘れてそのまま降りてきてしまったのだ。
運ちゃんてばぁ結構イイやつじゃん!。

さて雪岳山韓国有数の観光地で、岩肌の花崗岩が雪のように白く見えるところからその名前がついたといわれている。

切り立った峰を見上げながらロープウェイの乗り場を目指した。
麓の公園から標高800mにある権金城展望台まで5分そこそこで登ってしまうのが自慢らしい。

これは登りの映像


雄大な眺めがロープウェイの楽しみのひとつだとしたら「スピードを誇るのはいったいどんなものなんだろうなぁ」と私などは疑問に思ってしまうが、いかにもせっかちな韓国人らしい考え方だ。

雪岳山の海抜は1708メートル。日本の北アルプスのように高い峰はないが韓国人は韓国一の山として雪岳山をあげる。
鋭く切り立った岩山に松の木が生え、まさに墨絵のような風景を楽しむことができるのだ。

雪岳山ロープウェイ上り

急にお腹が減っていることに気付いた。
そういえば朝から何も食べていなかった…

雪岳山ロープウェイ下り

こちらは売店で買ったワッフル。玉子やミルクを思い切りケチった生地にバタークリームがはさまれている。
本家のものとは大違いだが薄焼き煎餅みたいにザクザクした食感で、これはこれでなかなか良い。

こちらは下りの映像。剃刀のような岩山の形がよくわかる


さてまだ日は高いし…
束草名物の刺身でも食べに行くかな♪



tag : 韓国 一人旅 旅行記 雪岳山 ロープウェイ

コメントの投稿

Secret

自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。