スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の「郷土料理まんぷくツアー」3日目(パワースポット馬耳山へ)

3日目の朝食は目の前のリベラホテルのレストランで「あわび粥」を。

馬耳山

全州って、食堂が開くのが遅いので、けっこう朝食に困るんです。毎朝「豆もやしクッパ」というわけにもいかないしね…宿泊しないのに朝食だけ食べることができました。
以前よりもちょっとアワビの量が減ったような気がするのは気のせいかしらん?

馬耳山

写真は高速道路の休憩所から見た「馬耳山」です。ニョッキリと突き出した2つの峰が、まるで馬の耳みたいなユニークだと有名です。
二つの「耳」に挟まれたように位置する「塔寺」を目指します。

馬耳山

正面の小さな本殿を囲んでいるのが、ひとつひとつ手で積み上げられた石塔(パゴダ)です。セメントなどは使っていないのに崩れることが内装で、その数はおよそ80基。なんとも奇妙な景観ですが、不思議なのはそれだけではありませんが、詳しくはこちらのサイトでご覧下さい。

馬耳山

ガイドさんの説明によると、この寺には国内外から多くの霊能者が集まるそうです。
境内のいたるところから噴出する「気」を受けるためで、とくに本殿の後ろにあるふたつの大きな塔、「天地塔」の下からは強い「気」が出ているのだとか。
「気」を受けた人の多くは頭痛を訴えるそうで、不思議なことに境内から離れるとスッと収まるのだそうです。

馬耳山

とりあえず本殿に向かう石段を登ります。
下を見ると境内はこんな感じ。

馬耳山

これが天地塔です。なんと15メートルもの高さがあります。

馬耳山

ここで「気」の存在を感じることができたのはメンバーのTさんだけ。
うーん、凡人には経験できないのかしらと残念な気分で下りてきたところ、Tさんの「ここから出てる!」との声。

馬耳山


どれどれ...と手を近づけてみると、出ていました!
温かい空気の流れのようなものがブワーッと吹き出しているのがはっきりわかります。「気」ってこんなふうに感じることが出来るのかぁと不思議な気持ちになりました。

(つづく)

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

コメントの投稿

Secret

自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。