スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dの悲劇

南大門市場

お餅の包みとコスメを詰め込んだ袋をぶら下げて駐車場に戻ると、なんとキーを預けている管理人のオヤジがいない!

電話をすると近所の飯屋で昼ご飯を食べているらしい。「すぐに向かう」と言いつつ一向に姿を現さないところを見ると食後の昼寝でもしてるんじゃないかと思いたくなる。
この日はマイミクのYさんと待ち合わせをしているので気が気ではない。日本では考えられないマイペースなオヤジだ。


その後、オヤジから鍵を受け取り駐車場から脱出した私たちはYさんと落ち合い南大門市場に向かった。
私の目的は革製品。
“ブラピ”が着ていたようなクシャッとした風合いのレザージャケットが欲しかったのだ。

いや別にニールバレットがイイとか身の程知らずな高望みじゃなくて(なにしろアレは50万円以上もするわけで)ヨレ感のある似たような雰囲気があれば良かったのだ。

うふふ、コスメの次は革製品って、まるで典型的な日本人観光客みたいじゃないの。

この十数年間、バックパックにジーンズという小汚いスタイルで田舎回りばかりしていた私。
物欲のかけらもない高潔なお人柄と思われがちが、その気になればこーゆう“ぷちリッチ”なお買い物三昧も楽しめるのさ。知らなかっただろう、へへん!




レザージャケット

で、張り切って飛び込んだジャケットのお店で試着を繰り返すものの、そこはD(デブ)の悲劇。
腹回りがどうにか入るやつは、どうしても袖が長くなっちゃうんだよなぁ。

ちょいと二枚目のアジョシは「ジッパーを外して着ればいいよ」と熱心にアドバイスしてくれる。
だが落ち着いて考えるんだ。

「カッコ良さを追求して前を外して着る人」と「腹が収納できないから外すヤツ」の間には深くて暗~い河があるのさ。
え、そーだろっ!?

と八つ当たり気味に試着を繰り返す私の横で、Yさんは芸能人みたいなデザインのコートを羽織っては鏡を見てみてご満悦(らしい)。
くそう、悔しいぞ。この気持ちをバネにダイエットに取り組んでやるっ。

次の冬には「前をしっかり閉めて」颯爽と街を行く自分の姿を信じ、とりあえず一着ご購入。(オイオイ…大丈夫か私)

(つづく)


theme : 韓国旅行
genre : 旅行

コメントの投稿

Secret

うふふ・・・すごい似合ってましたよんv-218
私は買ったセーターがやっぱりデブに見えるので、白はあかんと反省しきりでした。

KuKoさんが混雑する市場で迷うことなく白いセーターをさっと選んだ姿、なかなか男前でした~。

それにしても例のコート、かなりイイ感じでしたよ☆

自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。