スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カニ!カニ!カニ!

いよいよお待ちかね!メインの「アムケジャン」がうやうやしく運ばれてきた。
身にたっぷりついたカニ味噌や玉子に目がうばわれる。

ケジャンとは蟹を醤油ダレに漬けて熟成させたワタリガニのことで「アム」というのはメスのことだ。

アムケジャン


甘海老のような食感が楽しめる韓国の冬の美味。
炭焼牛カルビなんかよりもこっちのほうご馳走って気がするんだなぁ。焼肉なんか日本でいくらでも食えるもの。

ワタリガニの足は細いので箸でチマチマ身をほじくるよりも直接かぶりついて歯でカニの身をしごき取りながら食べる。
甲羅にご飯を入れて味噌や玉子をまぶして食べるのは、そりゃあもう至福のひと時だ。

食事のシメに「スンニュン」が出てきた。
ご飯の“おこげ”をお湯で煮立ててお粥のようにしたものだが、なんとなく日本のお茶漬けの感覚に近いように思う。

韓国人はおこげが大好きで、韓国の電気炊飯器にはこれを作れる選択ボタンまであるんだとか。
信じられないことに“おこげ味のキャンデー”まであるんだから、もぉ~いったいどんだけオコゲ好きなんだよっ。

というわけで韓国名物スンニュンもきれいに飲み干し、すっかりお腹が苦しくなってしまった。

それにしても黄海道の伝統料理がこんなに日本人の口に合うとは知らなんだ。
キムチの味は朝鮮半島を南下するほど塩っぱくなるというけど、極寒のプッカンでは保存のための塩も少なくてすみ、結果的に料理全体が薄味で上品になったんじゃないだろうか?

…などと「朝鮮半島における地域的味覚差」についてするどく考察をめぐらせながら店を出るワタクシであった。

さぁお次は腹ごなしのドライブだ!
といっても呉さんの車の後部座席に座っているだけなんだけど。(つづく)

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

コメントの投稿

Secret

nabeさんのレポートは、本当においしそうです!

nabeさんのレポートを見て どうしても食べてみたくてケジャンを食べに行ったんですよ^^

いつもカニカニ!と騒いでおります^^:
韓国のカンジャンケジャンは本当に美味しいですね!

このお店は蟹以外のお料理もなかなかです。
3泊4日の旅行中に二度も行っちゃいました☆
自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。