スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不景気で「占い」繁盛

この写真、何をしているところか分かりますか?
これは街頭に設けられた「占い」のテントです。

占いテント

テントの中には何人かの人が座って、各々が対面する占い師(易者)に運勢をみてもらっています。
値段はたったの3000ウォン!
でもこれはひとつの運をみる値段ですから、あれこれ増えるごとに3000ウォンずつ加算されていくシステムです。

占い師は仏教系の「菩薩(ポサル)」と呼ばれる女性、「ムダン(祈祷師)」などいろいろな系列があり、時には鬼神が逃げていくよう激しく踊りながら占うこともあります。

ひとくちに占いといっても種類はいろいろで、こまかく分類されています。
どんなものがあるのか見てみましょう。

占い種類

テントにはられた幕の真ん中に大きく書かれているのは「サジュ(生年月日による運命占い)」、「タロ(タロットカードによる成功運)」、「クンハプ(相性)」です。
ほかにも今年の運勢、命名運、留学運、結婚運、健康運…etc.

日本人から見てちょっと珍しく感じるのは「移民運」ではないでしょうか。

最近の韓国では不景気が続いていることから海外に移民する家族や、リストラされて退職金で移民を考える人がけっこう多いのです。
経済不安が「移民運」を知りたがる人を増やす要因になっています。

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

コメントの投稿

Secret

自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。