スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4】キムチチゲを抱いて

ガスボンベ

しかもこのトラック、配達中らしく荷台にはガスボンベやら何かのタンクやらがのっかっておりますがな。中から不審そうにアジョシ(おっさん)がこちらを見ている。

スネさんが運転席のドアを開け、なにやら大声で叫んでいるのを聞いておどろいた。
なんと彼女はそのアジョシに「乗せてくれ」と頼んでいるのだった。

はぁ!?

ウソでしょぉーっ、「私のクルマ」って言ったじゃないのぉ。


ヒッチハイク

アジョシの傍らには風呂敷に包んだ鍋が置かれていた。奥さんが昼食用に作ったキムチチゲらしい。

なかば強引に助手席に乗り込んだスネさん。
そのとなりに無理やり身体を押し込んだ私が膝にチゲの風呂敷包みをのせた。

トラックは走り出したもののアジョシは相変わらずむっつりしている。

なんだかいたたまれない気分でキムチチゲを抱え前方を眺めている私のとなりで、スネさんはやたらにハイテンションだ。

「あー、うれしい!こんな親切な人に出会えて!」
「運命って素晴らしい!」
「これもきっと神様のおかげね!」
「私はなんて幸せなんでしょう!」

機関銃のように一人でまくしたてた挙句、大声で歌いだした。

「ハ~レルヤ、ハ~レルヤ♪」


思わずアジョシの表情がゆるみ、あとはもうスネさんのペースだ。

ハレルヤって…

やはりこの人は怪しい宗教のヒトなんだろうか?
いずれにしても神がかり的に強引なヒトであるのは間違いない。

やがてトラックは粟浦とは反対の方向に向かうそうで、私達はさびれた田舎道で降ろされてしまった。
どぉする!これから…

(つづく)

theme : 韓国旅行
genre : 旅行

tag : 韓国 一人旅 ヒッチハイク 田舎

コメントの投稿

Secret

自己紹介

ナグネ(旅人)

Author:ナグネ(旅人)
渡辺美巳(わたなべよしみ)
韓国の田舎を旅する、食いしん坊イラストライター。
「ご飯食べた?」が挨拶がわりの国。どこで何を食べるかは韓国を知る手がかりのはず!
gogo@jeonju.jp

呉煐玟(オ・ヨンミン)
ソウルの達人ガイド。
右下のTwitterでソウル情報や料理レシピをつぶやきます。
女性ならではの感性で個性的なオーダーメイドの旅を企画&ガイドします。
oh3047991@hotmail.com

新しい記事
訪問者のひと言
月別の記事
つながる☆Trackback
読みたい記事を探す
テーマ別の記事
OHさんのつぶやき
おすすめサイト
RSSリンクの表示
.
Visitor
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。